フットサル初心者におすすめの練習

フットサルをこれから始める、始めたばかりの方は「上手くなりたい」と思うことが多いと思います。仲間と一緒にプレーして、勝ったり良いプレーを出来れば一層楽しくなっていくと思います。

初心者の方にも優しく、上達出来る練習をまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

 

足裏トラップ

まず基本であるトラップですが、フットサルでは足裏を使ってボールを止めます。サッカーと違いコートが狭く相手との距離が近いフットサルではトラップが伸びてしまうのは相手にボールを簡単に取られてしまう原因になります。ローバウンドボールを使ってサッカーボールよりもバウンドが小さくコントロールしやすいフットサルボールの特性上、足裏でのトラップが適しています。転がってきたボールは足裏でしっかりと止められるように練習しましょう。

ポイントとしては上から踏み付けるのではなく、迎えに行って包み込むようなイメージです。いきなりボールを止める練習から行うのではなくまずは足裏での感覚を養ってから挑戦してみましょう。

 

インサイドパス

サッカー同様、パスに使用する基本のキックです。しっかりと狙った位置に蹴れるように練習を行いましょう。足裏トラップの説明でも挙げた通り、トラップミスがあるとボールを失う原因になりますのでトラップしやすいようにバウンドしないインサイドパスを覚えましょう。強く押し出してしまうと跳ねてしまうので、まっすぐ転がすようなイメージでキックすると良いでしょう。

 

舐めドリブル

足裏トラップ同様、フットサルではメジャーでよく使われる技術です。狭いスペースの中でもボールを離さず移動できる技術です。上達すればスピードに乗りながらドリブルする事も可能になる技術です。自分が狙った方向へ移動できるように練習を繰り返しましょう。

 

ループパス(ガンショ)

サッカーと違い縦が短いフットサルではスペースに長いボールを出す時に速いボールを使うことは難しいです。球足が早いと味方が拾う前にコート外へ出てしまう可能性が高くなります。距離が短くなると弾道が低いインステップキックは成功する確率が下がります。その為、中距離くらいのループパスはフワっと爪先ですくい上げる様なパスを使います。ガンショと呼ばれフットサルでは短い距離の浮き球で良く使用します。パスコースを切られてしまっても相手の足の上を浮かして通したり、コーナーキックで浮かしてファーサイドへパスをしたりとプレーの幅が広がる技術です。ループシュート等にも応用できる技術ですので練習を重ねて習得したい技術です。

 

トゥーキック

トゥーキックもフットサルでは多用する技術の一つです。モーションを読まれにくく狭いスペースでも素早くシュートを打てるトゥーキックはフットサルでは必須の技術です。パスで使うことは少ないですが、シュートの際にゴレイロのタイミングをずらす事が可能な技術ですのでしっかりと覚えておきましょう。初心者の方にはインステップキックより強いシュートを打ちやすいキックです。ボールの真ん中を爪先で押し出すようなイメージでキックしましょう。