ピヴォ当て→侵入

ピヴォ当て→侵入・追い越し

前線に位置するピヴォにパスをしてからボールを受けたピヴォに近づき数的優位を作るプレーです。

ピヴォ当て→侵入・追い越しについて

高い位置にポジションを取ったピヴォへパスを送る事で守備ブロックの内側へ侵入していきます。ピヴォは侵入を察知したら背負うような形で味方選手の侵入によるサポートを待ち数的優位を形成します。アラ・フィクソはパスの後、自身のマークを振り切り相手守備ブロック内へ侵入します。

戦術的なメリット

守備ブロックの中外を問わずピヴォへの縦パスによって前列を守る相手守備者たちにマークミスを引き起こしやすい状況を作ります。その時にボールを受けたピヴォに対して近づきながらサポートを作る事で相手フィクソとの数的優位局面を作り出します。パレド(壁パス)による侵入してきた選手のシュートやボールを受けたピヴォ自身の反転シュート等、複数の選択肢を作り出せるメリットがあります。

サイドに開いたピヴォへパスを出した場合は、ピヴォを追い越すことによってピヴォのプレーエリアを確保して逃げるスペースを作ったりする事も可能です。

ワンポイントアドバイス

ピヴォにパスを出した後に相手守備者のマークをしっかりと剥がす事を意識しましょう。剥がせずに侵入してしまうと逆にピヴォの周りのスペースが無くなり守備者に優位な局面になってしまう事も考えられます。大きなスペースがあればシンプルにシュートに繋げる意識が重要です。