フットサルの戦術(集団戦術)

集団戦術とは

個人戦術に対して、組織として2人以上の選手による戦術を集団戦術と定義しています。選手間の連携により集団戦術の質が大きく左右されますが敵守備者に対して優位性を持つ為の重要なアクションです。現在の競技フットサルでは整備された守備組織を打開するには、不可欠であり多くのチームが様々な集団戦術を持っています。

 

集団戦術によって敵の状況変化に対応したり、攻守を問わず局面で優位性を持つことが可能になります。

狭いコートの中でのスピーディーな攻撃はフットサルの醍醐味であり、集団戦術はそれらを生むベースに成り得えます。チームとして集団戦術を意識することでプレーレベルを引き上げることに繋がっていきます。