ピサーダ

ピサーダ(pisada)

ピサーダ(ピサダ)は足裏を使って自分の後方へパスを送るプレーです。意表を突くパスにより相手との駆け引きで優位になることを狙います。

ドリブルなどでボールを運んでいる方向とは逆である背中側へパスを送る事で相手守備者の逆を取る事が出来ます。相手守備者はピサーダでの視野外へのパスにより次の守備対応が難しくなる為、空いたスペースを有効利用することが可能になります。横にボールを運んでいる選手に対して併走するように守っている相手守備者は、ボールと敵を同一視野に収めるのが難しい為、ピサーダ後は裏を取りやすい状況になります。

また背中側へのパスなので予測が難しく、ピサーダからボールを受けた選手の守備者には寄せるタイミングが遅れる可能性が生まれます。

ワンポイントアドバイス

ヒールキックをするイメージではなく自分がドリブルして空けたスペースにボールを置いていくような感覚でプレーしましょう。自然に足裏で後方へ流すイメージでプレーすると敵守備者も対応が難しくなりますので、ピサーダ後の駆け引きをイメージしておきましょう。