サルト(ジャンプ)

サルト(salto)

守備時にマークのジャンプ(自分のマークを捨ててボールを受けた選手にプレッシャーに行く動き)です。

マークしている相手がパスを出してパスを受けた味方に対してクロス系(カーテン、クロスオーバー)のアクションを起こした際に、自分自身のマークを捨ててボールホルダーへそのままアプローチをする事によりボール奪取の可能性を高めるプレーです。自分自身が移動しながら次の選手にアプローチ移行する為、ボールホルダーに対して攻撃方向の限定を行ったりする事が容易になります。

サルト(ジャンプ)は受け渡しを伴う為、リスクもありますが、それまでの守備の流れを活かし思い切ったディフェンスを行う事でボールホルダーに対して強いプレッシャーを掛ける事が可能です。

ワンポイントアドバイス

スペースが狭くジャンプまでの距離が短いほど成功しやすいですが、距離が離れると捨てたマークへのリターンで逆にピンチになってしまいます。しっかりとプレッシャーの強度を落とさず継続出来るかを確認しながら守備を行いましょう。